ナンパすれば0円でH可能じゃね?理論は間違い

私はとにかくお金がない。
なのでセックスにおいても極力お金を掛けたくない。
このとき思ったのが、ナンパすれば0円じゃね?
風俗代浮くじゃん。
やったねーたえちゃん状態であった。
結論から言うとこの理論色々穴があり、現実出来ない。

なぜ、ナンパがだめかについて書いていきたいと思う。

1・声掛けるの怖すぎ!

最初に思う事がある。
それは、女性に声を掛けるのが怖い。
罵声がくるかもしれない。
無視されるかもしれない。
変人だと思われるかもしれない。

などの恐怖が先行する。
そして勇気を振り絞って歩くと、「忙しそうだからやめよ」という言い訳を作る。
とにかく、抵抗が強い。
見ず知らずの人に声を掛けるってここまで勇気が必要なんだな。。

って思う。
この時間が何時間も経過し、結局一声かけも出来ない。。
ってことも生まれるかもしれない。

声を掛けれないと、

時間の無駄、、、

を感じてしまう。
せっかくの休みをこんな人間観察のために使ってしまってよかったのか?
とさえ思う。
そして帰りにサザエさんを見て明日の仕事を考えて鬱になるのです。
風俗や乱交に行きお金を使ってストレス解消した方が有意義だったりします。
非健康的になります。

2・細かいものでお金を使ってしまう

ナンパする上で交通費が掛かる。
また、寒ければ温かい飲み物を欲したくなるし、熱ければ水分補給が必要になる。
精神面でも辛いが、体力面で辛い。
スタバなどの喫茶店にはいったら簡単い500円無くなる。

この状態でもなに一つ成果が出ない事なんてざらにある。

そして、女を連れ出せたとしてもいきなりホテルなんて無理。
居酒屋挟んだりすると簡単に1万円飛ぶ。

そして運よくホテルに行けてもそこから6千円飛ぶ。

やべー予想以上に金掛かる。

これなら、大人しく風俗に通った方が安上がりなんじゃね?って思う。

3・成功率が高くない

金の問題と精神的問題を解決できたとする。
それでも、成功率が低い。

10人声掛けて1人LINE交換とかそんなレベル。
可愛い子探すのも大変だし、探し出しても断られてしまう。

ナンパができるようになっても思いのほか成功しないのが現状。
非常に残念である。

成功率を上げるためには、見た目の改善や声掛けのロープレなどが必要になる。

ファションの勉強をして女性受けの良い格好を学ばなければならない。
そうすると金が掛かる。

普段はユニクロ生活してて支障はないが、ナンパするとなるとお洒落に気を遣わなければならない。

格好良い服は当然高い。
そして、買ってもあまりよくなかったという事も多い。

お金を掛けないためにナンパしたのに、ナンパの成功率を上げるためにお金が必要となる。

ナンパがしたいのかHがしたいのかよく分からないジレンマに襲われる。

以上が私の感じたナンパのデメリットである。

だが、ナンパにも良い点がある。

ナンパで良かった点とは?

ナンパで1番良いと感じたのは、達成感です。
女性に金を渡さずに自分のスキルで女を落としたという結果です。

この達成感がとても病みつきになります。

他には、

風俗のようなパネマジがない点。

実際に歩いている女性に声を掛ける。
そのため、写真と別人。
みたいなことが起きない。

なので、後悔がおきない。

自分の好みの子だけ声を掛ければ、ハズレを引かないのである。
こういった子をセフレに出来れば、無駄なお金を掛けずに好きな時にセックスが可能となる。

この点がナンパの魅力かな。

だけど、同じ女性を何度も抱いているとマンネリ化して飽きる。
それならば、風俗で毎回別の子とHした方が満足度が高いともいえる。

正直、風俗もナンパも比べる対象ではないかもしれない。
同時進行にやれれば理想。

まぁ多くの男性が挫折するので、夢をみないで大人しく穴場の風俗嬢を探す事に全力を注いだ方が安牌だと思う。